この記事のカテゴリ:C誌のコラム(過去記事)

日本のガンジー(「月刊Cマガジン」2003年09月号に掲載)

 ガンジーと言えば、「マハトマ・ガンジー」を思い浮かべる人が多いだろう。
20世紀のアジアに最も貢献した人物であり、
「偉大な魂」を意味するマハトマという呼称が最もふさわしい人物だ。

しかし、私はここで精神主義を語るつもりは毛頭ない。
私が言わんとしているのは“ガン爺”つまりガンを飛ばす爺さんである。

私はこの恐ろしくも滑稽であるガン飛ばし爺さんを目撃してしまった。

場所は日比谷線北千住発日吉行きの車内(内輪うけ?)である。
車輌のはじのほうに存在する例の「優先席」が始発電車駅なので空いていため、
若い女性が腰掛けた。

その後乗車してきた70才代(に見える)の男性がそのまん前にしゃがんで
-ものすごく近いことが解るだろう-
じっと女性を睨む。

にらんでいる理由はワカラナイ。

「スゲーッきれいなネイチャンだな。」かもしれないし、
「小娘のクセに優先席を取りやがって!」かもしれない。

とにかくその眼飛ばしが迫力で、にらまれた女性は動く事が出来ず、
じっとその爺さんと目をあわさないように耐えていた。

タイミングを失った女性はそのまま一切立つことができず、
そのガンジーさんに睨まれたまま、
じっと石になって仲御徒町駅に着くまで固まっていたのであった…

蛇に睨まれて(帰)カエル!! わかるかなー?

記事ID:23  1122PV  2003-10-01

同カテゴリの記事:

 NET超独遊(NETであそぼ)(「月刊Cマガジン」2004年11...
 (笑えセールスマン)「すきまみつを」が…(「月刊Cマガジン」20...
 勝ち負け以上に気なります(「月刊Cマガジン」2004年09月号に...
 「肩コリはいねがー」はどこの方言?(「月刊Cマガジン」2004年...
 犯罪者に手厚い国?(「月刊Cマガジン」2004年05月号に掲載)...
 策士策に溺れる?溺れるものは…(「月刊Cオマガジン」2004年0...
 飲むなら乗るな それが常識。(「月刊Cマガジン」2004年03月...
 イキかヤボか。(「月刊Cマガジン」2004年02月号に掲載)...
 女心と冬の空 新春ともいう。(「月刊Cマガジン」2004年01月...
 ウサギもカメ「と」ではなく。(「月刊Cマガジン」2003年12月...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの23を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】1050
シリアの真実について【引用記事】+動画有り1235
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2928
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^32
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?199
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)12183
本当にあったけど怖くない話11769
久々に出ましたエントロピー問題8299
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7525
エントロピー減少の可能性について6774
世界を又に掛ける(?)6699
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?5086
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件5048
ジム・キャリー(映画マスク)も言っている「願望は実現するんだ」4418
星に願いを掛けたらかなった。3675
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事