この記事のカテゴリ:立早的バラエティー

夏だけど:サンタクロースは危険な香り

 いやあ。毎日暑いね~こんなときは寒い話でもしようかね。
─稲川○二とは違った方向で─

──もうずいぶんと前の話だ。
私の部下でN嬢という女性がいた。
このN嬢かなりのオッチョコチョイで、
封筒に地図を描き、
「この場所の会社に、この原稿を届けてくれる?」
と渡すとその封筒はただの地図だと思い込み、
相手先の会社に行った後は、封筒を“中身ごと”捨ててしまうような
「アブナイ奴」だった。

オイオイ中身を渡さないで、一体何を届けたの?
という感じだが、今回はその話ではない。

バブル全盛だったころ仕事は山ほどあったが、現在のように
原稿の電子入稿というものが存在しなかった。
今ならメール添付やFTP入稿で済んでしまう物でも、
いちいち「バイク便」で取引先へ送っていたのだ。

そして問題の「雪のクリスマスの夜」その事件は起こった。

いつものように「バイク便のサンタクロース」
という会社へN嬢が電話した。

すると録音されたアナウンスが流れ
「この番号は○○○-○○○○」に変りました。」
と言っていたようだ。

そこでN嬢はその番号を電話リストに書き込み、
社内の電話全てに「バイク便のサンタクロース、電話番号変更。
短縮は使わないで下さい。」とメモを残した。

ところがそもそも最初に電話を掛けた相手が、「サンタクロース」ではなかったのだ。つまりサンタクロースは電話番号変更などされていなかったのだ。

短縮から掛けていれば問題はなかったのに、よりによって手動で電話を間違った相手に掛けて
「この番号は○○○-○○○○」に変りました。」を聞いてそちらに掛けなおし、
たまたま呼び出しても誰も出ないということで自分の間違えに気づかなかったのだ。

しかし冷静に考えて電話が商売の業種で、そもそも電話を掛けて誰も出ないほうがおかしいのだ。

しかし現実にそれは起こった。

その日、サンタクロースの
“正しい”電話番号メモを残して彼女は退社した。

私は当然毎日の様に残業していたので、
クリスマスの夜かなり遅くなってから

「もしもし、サンタクロースさんですか?」と電話を。
当然「違います。」と言われる。

おかしいな~もう一度。

プルルル。プルルル「もしもし、サンタクロースさんですか?」

「違います。」

おかしいな~もう一度。

プルルル。プルルル「もしもし、サンタクロースさんですか?」

「違います。って言ってるでしょ!あんた一体何なんだ!!」

私は思いっきり頭のおかしな人を演じることとなってしまった。

その後絶対に

「昨日さ。なんか頭の変な奴から電話かかってきて、
『もしもしサンタクロースさんですか?』って
何度も聞くんだぜ。

クリスマスに誰も一緒にいる相手がいなくて頭おかしくなっちゃったんだぜきっと。」

なんて話題になったであろうことは間違いないのだ!

勘弁してくれよー!

ところが私も結構おっちょこちょいであるらしく、
次の日時刻を合わせようと117へ電話をした。

少なくとも本人は117へかけたつもりである。

プルルル。プルルル「ハイ番号案内です。」
ええっ?何で番号案内が出るの?

って私が番号間違えたんじゃん。

「すっすみません。間違えました。」
もちろん番号案内のおねいさんに大爆笑されたのである。

「時刻の電話番号は知ってますよね?」

「はい知ってます。117です。
お騒がせしました。ついでにあなたの番号は104ですよね。」

「もちろんそうですよ。だってあなた今掛けてるでしょ。」

そこから恋でも始まれば「電車男」ならぬ
「電話男」だろうけど、
現実には笑われてオシマイ。

いや。もっと変な間違い電話を掛けたことがあった。

当時はダイヤル99(キューツー)で
「PC部品価格情報」というのがあった。

例によって私は徹夜仕事で、一段落付いたので
「価格情報」を聞こうと思い、夜中に99に電話した。

「ハイ。ちあきよ~ん。」妙に色っぽい女性の声だ。

ええっ?やけにサービスのいい「価格情報」だな。

普通はテープか何かに録音された音声なのに、生身の人間それも女性じゃないか。夜中にご苦労だな。と思っていると

「ねえ。ボウヤは何がしたいの?」

いやー。私ボウヤじゃないし。でも一応「何がしたいの?」と聞かれてるし、

「あのー。パソコンの~」

「そうなのパソコンで遊ぶのがすきなんだ。」

いやパソコンは仕事なんだけどな。

「じゃあパソコンでHな画像とか見てコウフンしちゃうんだ~。」

「いえ別にHな画像とかは見ませんけど。ここ会社ですから。」

「あら。会社でこんなオイタしちゃうんだ、いけないゾ。」

もうお分かりだろう。まちがえてテレフォンHなところへ掛けていたのだ。

私やはり変態なのかもしれない。

記事ID:44  2091PV  2005-06-29

同カテゴリの記事:

 算数嫌いでも一瞬で2桁の暗算をする方法(目からうろこ)...
 【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウ...
 ブログを新しくしました...
 宇宙空間での話はロマンチックじゃなかった...
 2モードミッション立早:レーシングカー?...
 超能力中年:エスパー立早...
 めだかの学校...
 嫌いなものほど良く覚えるのはなぜ?...
 暑さをわすれろ「ウイスキーの日本酒割り」...
 立早的テレビの見方...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの44を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】1489
シリアの真実について【引用記事】+動画有り53
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】3084
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^181
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?333
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)12283
本当にあったけど怖くない話11881
久々に出ましたエントロピー問題8380
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7610
世界を又に掛ける(?)6763
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?5164
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件5137
ジム・キャリー(映画マスク)も言っている「願望は実現するんだ」4564
星に願いを掛けたらかなった。3772
ビジョンが全て3615
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事