この記事のカテゴリ:戦うADシリーズ

戦うAD 1st

 さて今日は「東大でてるから偉い」と言った銀行役員さんのお話ね。

このお方、K氏は「人間の価値は学歴で決まる」と本気で考えちゃってるような、典型的日本型エリート・サラリーマン。

現在は定年退職したが元々はC銀行の役員さんだ。

現在は銀行も世間から叩かれ、“まともに頭を下げることを知る”人間がずいぶんと増えてきたと思うが、
この時代の銀行マン(業界では自称する時こう言うらしい)といったら、態度はウルトラマン並みにでかい。

身長50mぐらいありそうな態度Lだ。

このお方も例によって私のスポンサー企業が見つけてきた「じじいライター」だけど他のじじいライターと違うところは経験豊富な「ライター」さんだってこと。

いままでT誌(経済誌)とか、官庁で配ってるような経済雑誌なんかに随分と記事を寄稿したらしい。

でもって雑誌の記者連中から「先生、先生」と呼ばれていたもんだから、雑誌にかかわる人間は全て自分の僕(しもべ)だと信じて疑わない。

でもって私のC誌へご登場だ。

今回は経済人としての記事ではなく、趣味人としての寄稿だ。C誌は「じじい向けオタク雑誌」だからね。

ところがその内容ときたら、─もちろん長年書いているから語り口は軽妙ではある。ではあるんだけど─自分自身の自慢ばっかり。とにかく毎月「俺は東大を出た」が出てくるし、「年収1千ン百万円以上なのに、趣味で使って金がない」とか
教育の資格みたいのを持っているらしく、「講演会で全国を回ると金がザクザク入る」とか
とにかく最初から最後まで自慢のオンパレードだ。

で、ある時ページ割りの都合で、K氏の記事の間に広告が入るという形になり、目立たない場所になった。

とたんにクレーム電話だ。

「ああ、T50年史のKだけどね。何で俺の記事こんなページになっちゃってるの?」

「すみません。編成の都合で。」

「都合ってね、俺は良い場所に載せてくれるならって約束で契約してるんだぜ。こんな場所に移動するんじゃヤだよ。」

「いやーヤだといわれましても、編成の都合ですからもう移動はできないんですよ。」

「そこを何とかするのが、あんたの仕事だろ。なんとかしてよ。」

「といわれましても、他の方の記事を犠牲にもできませんので。」

「じゃあ俺の記事なら犠牲になってもいいのかよ。だいたい記事の間に広告入れるなんて失礼だろ。俺はそんな編成の雑誌見たことないよ。」

「いいえ普通にありますよ。続きは○ページ→というの」

「何だことの(馬鹿)!言うこと聞かないなら契約打ち切るぞ。」

まあ、このての爺さんはみんなこんな感じだ。他人は全て下だと思ってるからね。

ところが私は
「怖いものがまるでない」のだ。契約なんていつでも切ってくれて良いよ。だってこちらがお金もらってるんじゃないんだぜ。
お金もらって書いてるのはK氏のほうだ。経済人のくせに経済の基本がまるっきり解ってない。

ローンなどの金利を払って“儲けさせてやってる”銀行利用者はお客様なのに、
「金を貸してやってる」とデカイ面するでしょ?あれが身に染みちゃってるのね。

一般常識は全く逆だよ。お金を出すほうが普通は偉いの。銀行に対してだって金利を払ってる利用者の方がエライのだ。

まあ脱線してるが、そんなじじいだから相手にしてもしょうがない。だもんで
「解りました。じゃあページを移動しましょう」と答えたよ。

でどうしたと思う?もっと全然目だたないページへ移動してやったね。

次の月またまたクレームだ。

「おいお前。言ったことが解ってるのか?もっと良い場所に移動しろよ。それからな、今度家のほうへも遊びに来い。俺の趣味を見せてやる。」

ここがちょっとK氏なりに駆け引きしてるのね。態度はLのままなんだけど、一応ページを勝手に移動する権利が私にあると読んで、
「遊びに来い」つまり、私を値踏みする作戦に出てるわけ。

「はあ暇があったら伺います。」
って私は雑誌の記者じゃないんだ。ぜ~ったいにK氏の所なんて行く訳がない。

まあ私としてはかなり頭にきてるから、K氏からクレームがつくたんびに目立たないページへ移動。
それでも足りないときはデザインをわざとダサくする。なんてことしたわけ(卑怯者?)

でもって、極めつけは私の写真入りのカラー見開きのページの隣にK氏のモノクロ記事を乗っけたわけ。

愕然としたんじゃない?

いままでず~っと雑誌の記者連中から「先生、先生」と呼ばれてきたから、ライターが一番偉いと思ってたわけでしょ。

その偉いライターさんよりもっと良い場所に私の写真のってたんだから。
長年階級社会に慣れ親しんできた者の性(さが)だね。私のほうがエライんだと思ったらしい。

次の月からは電話で

「あのー私、T50年史のKでございます。実は記事についてお願いがございます。」

でましたー!伝説の“逆てのひら返し”威張る奴はいつかしっぺ返しを受けるのだよ。

それからK氏がどうなったか。私は知らないし、風の噂でも聞かない。

まあじじいの悪口を書いたんで、次の機会に
物凄くえらいのに礼儀正しい先生のことでも書こうかと思う。
乞うご期待

記事ID:46  1123PV  2005-07-02

同カテゴリの記事:

 戦うADブラック:クライアントなるもの...
 戦うADリローテッド:何様?伝2...
 戦うAD・番外編:世界一(?)自己中な大家...
 新・戦うAD(偉い人編)...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの46を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】673
シリアの真実について【引用記事】+動画有り745
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2429
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^193
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?80
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)11813
本当にあったけど怖くない話11402
久々に出ましたエントロピー問題8069
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7236
世界を又に掛ける(?)6391
エントロピー減少の可能性について6344
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5638
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4727
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4644
量子力学と願望達成の不思議な関係4279
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事