2014年の記事を表示 | 立早ノ三ガラポンブログ  183本該当しました

こんな奴でも金さえ持ってれば「偉い」と言われる世の中!━━だから在ニチ挑戦塵は嫌いだ【引用記事】

2014-12-21 1792PV


日本の有名な在ニチ姦酷塵企業では、日本人に対するパワハラが日常的に行われている。
それを証明する動画が「内部告発」として公開されている。

ちょっと前なら在ニチ姦酷塵を攻撃する動画やブログは「あっ」という間につぶされていたのだが、現在ではこのような動画も消されずに公開できるようになった。
これは大変に良い傾向だろう。

在ニチ姦酷塵のデカイツラをつぶすのはもう一息だ。このような内部告発をもっともっと拡散すべきだろう。
そしてこんな最低野郎が「社長としてデカイツラ」をしていられる日本を変えていかなければならない。

ここで紹介する動画が万一消されてしまっても、本サイト閲読諸氏には公開し続けられるよう、私(筆者)のバックアップ動画より以下を公開しよう。...

この国に存在する低知能で恥知らずな人々とは誰のことか?━━君が代を否定する恥ずかしい人たち【引用記事】

2014-11-29 487PV

国旗、国歌に反対する勢力と言えば例の「日狂組」だが、この団体の上層部はそもそも日本人ではないのだろう。
上層部あるいは組織の「先導役」は明らかに「獅子身中の虫」をねらった特亜のスパイだろう。

左翼活動は旧ソ連の支援で行われていると一般的には言われているのだが、
その実ソ連を隠れ蓑に特亜がこの国の内部からの崩壊を画策した結果だろうと思われる。
いずれにしろそのような活動はもうこの国では許されなくなる。

左翼活動が不可能になる理由は既に散々引用記事として掲載しているので、ここで書くつもりはない。
今回は「ねずさんのひとりごと」様からの全文引用で「君が代」の本当の意味と、
それを否定する「バカども」の解説をお送りする。



----------以下「ねずさんのひとりごと」様より引用----------

君が代を否定する恥ずかしい人たち
国歌である「君が代」を否定する人たちがいます。
私はこのことを、とても「恥ずかしいこと」だと思います。
日本人として情けないのです。
なぜなら彼らは「君」の意味を履き違えているからです。

「君」という漢字は、「尹」に「口」で成り立ちます。
「尹」は、横棒の部分が人間の手で、その手に「|(棒)」のようなものを持っている象形文字です。
その棒が、縦に真っ直ぐな棒なら、それは「杖」です。けれど君の縦棒は斜めにシナっています。
ですからこれは、実は「鞭(ムチ)」です。
つまり「尹」は、手にムチを持っている姿です。...

これはあっぱれ!テロ関連法案(国際テロリスト指名)で簡単に在ニチ姦酷塵を取り締まれるらしい【引用記事】

2014-11-24 1787PV

11月21日、「改正テロ資金提供処罰法」改正犯罪収益移転防止法」「テロ資産凍結法」が公布された。
この法案は読めばわかるとおり、指定された国際テロリストの資産を凍結する法案であるので、左翼日本人や在ニチ姦酷塵、あるいは在ニチ姦酷塵暴力団にも目立った国際テロリストなど存在しないので、
現状では「完全に骨抜き法案だろう」ということで、大した反対もなく成立したのだという。

実際、野党反対派が何度も言質をとろうとしたのが安保理の作成名簿にないものは凍結等の措置の対象外という確認だということである。
そして、日本において対象者がいるかという質問に対し、政府担当機関は「いない」と答弁している。
それによりあっという間に成立したのだが、これはちゃんと法案の中身を読んでいれば、左翼や在ニチ姦酷塵を簡単にテロリスト指定出来てしまうシカケが書いてあり、ここに気づかなかった「奴ら」が一杯食わされた形だ。

法案には難しい書き方をしてあるが、簡単にいえば「日本と同等程度の法治国家がテロリストと認めれば日本でもテロリスト」ということである。
そのうえで日本は南超戦ともアメリカとも「凍結すべき口座の相互通報制度」を結んでいる。
しかもそのどちらの国もテロ口座を(激しく)凍結したがっている。となると話は簡単で、在ニチ姦酷塵ヤクザ(だけでなくその協力者)のリストをアメリカに送り、アメリカでテロ認定してもらう。
そうすれば日本では問答無理用で「テロリストである」となるのだ。

これは見事!!反対勢力はものの見事に騙された!そもそも「テロ関連の口座は凍結します」という至極まっとうな法案に反対すること自体が、
「私はテロリストを応援しています。(例:ヨシフとか)」か、「テロリスト関連団体から資金援助を受けています(例:枝野とか)」である。
ザマアミロ~民主党終わった!!(他にもいっぱいあるがとりあえず民主党)

これは早急にやってほしい。ということで以下引用記事


----------以下「余命三年時事日記」様より引用----------

テロ関係三法+1
「改正テロ資金提供処罰法」......12月10日~
「改正犯罪収益移転防止法」......11月25日~施行規則細部は2年以内。
「テロ資産凍結法」..............1年以内の政令が定める日。(いつでも可)
「特定秘密保護法」..............12月10日~

 11月21日、「改正テロ資金提供処罰法」改正犯罪収益移転防止法」「テロ資産凍結法」が公布されました。「テロ資産凍結法」以外は12月10日には施行されます。今回はテロ3点セットプラス1(特定秘密保護法)について考察します。...

2チャンネル情報の「12月27日から在ニチ姦酷塵一斉回収(徴兵)」が現実味を帯びてきた!!───目の前で在ニチ姦酷塵の逃亡も始まっている!!

2014-11-22 1939PV

タイトルにある在ニチ姦酷塵の逃亡だが、以前から今後の在ニチ姦酷塵および帰化人がどうなるか知っている在ニチ姦酷塵は海外などに逃亡していたが、
一般在ニチ姦酷塵はそのようなことは全く知らず「在ニチ姦酷塵は永久不滅」などとほざいていたが、ここへきて一般在ニチ姦酷塵も逃亡を計り始めた。

「そんな事実があるのならソースを示せ」とバカの一つ覚えに指摘する奴もいるのだが、なんのことはない私(筆者)のごく近くからも、在ニチ姦酷塵がどんどんと居なくなっているのだ。
事実を明らかにするならば、私の非常に良く知っている広告代理店がパチンコ屋とかなり多く取引があるが、そこの社員が結構な勢いで辞めていっている。

勿論業績不振によるリストラではない。好調な店舗からバイトではなく社員がどんどん辞めているのだ。パチンコ屋といえば、バイトは過酷でしかも大した給料はもらえないのだが、社員の給料は非常に良い。
ちょっと役職がついただけでみなベンツやスポーツカーに乗っている。だから辞める理由がないどころか、自分らは「パチンコエリート」を自任している。
そんな待遇の社員がどんどん辞めているのだ。とすれば理由は一つしかない!

在ニチ姦酷塵を締め上げる法案が次々と成立し、しかも南超戦の徴兵からも逃れられそうもなく、一般在ニチ姦酷塵も海外逃亡を始めたということだろう。
勿論そんなことは無意味であり、既に全員が本国からマークされているのだがそれでも逃げ切れると考えているようだ。

さて、その在ニチ姦酷塵締め上げ関連法案だが、本ブログ前回更新時には、まだ「在ニチ姦酷塵完全ターゲット」であるテロ法案三点セットが「解散総選挙で不成立」などと妄言を吐いている反日勢力が多く存在していたが、
あれからたったの1週間で日本はダイナミックに動いている。
既にテロ法案三点セットは成立してしまい、あとはいつ施行するかの問題でしかない。



安部政権のしたたかなところは、選挙投票日を12月14日に設定し、テロ法案三点セットの施行は12月10日に出来るところだという。
以前からこの日程を配慮して計算していたのであればまさに策士としか言いようがない。...
  46ページの1を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】631
シリアの真実について【引用記事】+動画有り511
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2288
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^44
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?195
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)11731
本当にあったけど怖くない話11295
久々に出ましたエントロピー問題7984
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7148
世界を又に掛ける(?)6311
エントロピー減少の可能性について6211
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5513
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4608
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4540
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい③─実に頼もしい余命三世様降臨!!【引用3740
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事