この記事のカテゴリ:立早的エセ科学

久々に出ましたエントロピー問題

 さて随分久しぶりとなってしまった、エントロピー減少の問題。ついにその答えらしい“仮説のようなもの”を考え付いたので、発表しようと思う。

まず「K坂」氏のいう「宇宙は収縮に転じた」「時間は逆転している」はまったくの間違いであった。もちろんご本人はそう固く信じているし、彼の“ファン”は絶対支持なのだろうけれど、違うものは違う。

以前は立早も「K坂」氏の「宇宙は収縮に転じた」をけっこう真実味を持って感じていたのだが、今回は「まったく間違っている」という意見なので、氏の名前は伏字にさせてもらった。

そもそも氏の説では、
1.所有する超強力な方位磁石が本年4月22日より直立するようになった。(つまり北ではなく天地方向を指す)
2.このことは、通常の膨張する宇宙では、考えられないエネルギーの流れである。
3.ゆえにこの日本に向ってエネルギーが流入していることになる。
4.エネルギーが流入してくることは、膨張中ならありえないので、宇宙は縮小している。

ということになっている。ところが、方位磁石が天を指すのは別に、エネルギーの流れが逆転したなんて珍説を編み出すまでもなく、簡単に説明できてしまうのだ。いま私の手元に地磁気の厳密な再現写真がある。

これは高橋太・日本学術振興会特別研究員らのグループが、海洋開発機構・横浜研究所にあるスーパーコンピュータ「地球シミュレーター」を使って2年間もかけて計算し再現したものだ。(7/17日朝日新聞より記事引用)

その地磁気の再現図を見れば一目瞭然。地磁気は一般には「南極から出て北極もぐりこむ」と解釈されているが、現実にはまったく違うことが解ったのだ。ちょうど日本のあるあたりの緯度に、磁気が入ってゆく流れがたくさんあるのだ。

しかもそれは全体の流としてでなく、流れ込むスポットがたくさんあるという状態で存在するのだ。そう。そのスポットがたまたまK坂氏の研究所あたりにあったに過ぎない。

だから氏の研究所では方位磁石が直立し、日本の他の地域では「普通に北を指す」だけのことなのだ。しかもこの地磁気スポットは、地球中心核の溶けた鉄やニッケルが、対流を起すことにより、長い年月をかけて移動していくことまでが解った。

つまり、本年4月22日にたまたま“強力でしかも正確”な観測装置を持ってるK坂氏の研究所にスポットが移動してきただけのことなのである。

だから、前項「1.」の観測は正しかったとしても、それ以降の全ての仮定が勘違いであるのだ。試に私は「宇宙が収縮しているのなら、赤方偏移は観測されなくなるはずなのでどこかの研究所等で赤方偏移が青方偏移に転じたことを発表していないか?」

同時に「収縮する宇宙で時間逆転は観測できるのか?」と氏に直接(しかも公開で)ぶつけてみたことがある。

答えは「そんなこと私は知らない。そもそも古典科学など相手にしていない。」であった。とんでもない!宇宙収縮と時間逆転は古典でもなんでもない。れっきとした宇宙物理の最先端だ。

私が氏のホームページに最初に「時間逆転」の概念を持ち込んだことは間違いのないことであるし、消されていなければちゃんとログが残っていることで証明できる。

「時間逆転」の概念を私が書き込んだときには、彼も彼の支持者もまったくの無視で、同意も反論もなかった。

ところが一ヶ月もしないうちに、K坂氏は自身の説に「時間逆転」を取り入れてきたのだ。曰く「宇宙は収縮に転じた/時間は逆転している」である。そして、彼および彼の支持者達は時間の逆行で映画を逆回しで見るような世界が体験できると本気で信じている。

そんなことは絶対にない!逆回しを逆回しだと認識できる人間は正常回転内の人間だけなのだ。逆回しの世界に住んでいて、どうして逆だと理解出るのだ。ありえないだろう。

前にも書いたが、仮に宇宙が収縮に向っていても、時間は逆転になはならないのだ。(6/28参照)と同時に6月30日にも私は「時間逆行しないままでも宇宙収縮でエントロピーは減少する」とも書いている。

その後しばらく様子を見ていた。結果は「カミソリ以外の物質は、ほぼ全て正常にエントロピー増大している」のである。包丁も研がなければ切れなくなってくるし、電池も使えば減る。これこそ“正常な”世界なのだ。

つまり、6/30日の私の意見に従う限り、宇宙も収縮に転じてはいないのだ。ではなぜカミソリだけにエントロピー減少が起こるのか?恐らくは、強力な一方向の磁場が常にかかることにより、カミソリのような細い先端ぐらいは、自然に研ぎの状態になるのだと思う。

地磁気の流入スポットに近い立早の自宅も、常に一方向の磁場がかかっているのだと思う。それによってカミソリ程度のものなら“研ぎ”がかかってしまうのだ。

もちろん実験したわけではない。でも感覚的にそう感じるのだ。もしこのブログを読んで、実験してやろうという奇特な方が居られたら、ぜひとも実験して見て欲しい。

ただし地球規模の磁場ともなれば、簡単な子供の磁石ぐらいでは実証実験は不可能だと思う。にしても、現在「カミソリはいくら使っても切れなくならない」ことを発見しただけでも、かなり凄いことだと思うけどね。何しろ「エントロピーの減少は絶対にない」のが科学の常識だから。(然し一部の植物では、エントロピー減少を観測されたことが実際にある。)

記事ID:73  7984PV  2005-08-12

同カテゴリの記事:

 輸血をするとガンになる!!マスゴミを使って「輸血を拒否=お笑い宗...
 エントロピー減少の可能性について...
 ホーキング博士のミス?...
 世紀の発見か?...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの73を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】631
シリアの真実について【引用記事】+動画有り511
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2288
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^44
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?195
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)11731
本当にあったけど怖くない話11296
久々に出ましたエントロピー問題7985
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7148
世界を又に掛ける(?)6311
エントロピー減少の可能性について6212
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5513
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4608
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4540
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい③─実に頼もしい余命三世様降臨!!【引用3740
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事