この記事のカテゴリ:立早的エセ科学

輸血をするとガンになる!!マスゴミを使って「輸血を拒否=お笑い宗教」と洗脳の実態!!

 

私はかなり以前から「現在の医学と経済学は嘘八百のでたらめ!ただの宗教でしかない」と公言してきたのだが、
それを聞いた一般の人々はたいてい、頭のおかしな奴か変な宗教かという反応であった。

さて、それからもう10年近くは経ったのだろうか?
いよいよ「ディスクロージャ」が行われそうな雰囲気が世間に広がってきているが、
この時期だからこそ、このような動画が消されずに掲載されているのだろう。

現在の医学がどれだけ「人殺し」で稼いでいるか良くわかるだろう。

----------以下Youtube UP主のコメントより引用----------

"オメデタ族"が気づいていない死因の第一位はゲーム殺人 医学界最凶のタブー 日本人を殺しつづける暗黒の闇に光を! "医猟界"が隠し続けた発病剤の正体! 血液の闇から人を騙す虚構社会の本質は見えてくる

2014/09/28 に公開

現実はサスペンスドラマを遙かに超えています。病気を作り出すことこそが、"­;医猟界"のホンネです。獲物の苦しみこそがマフィアたちの潤いです。最初­から発病作戦としてロックフェラーが研究所が開発して推し進めた屠殺製剤の輸血製剤は­、その驚異的な発病性が多くの医療経営を潤すために乱用され、医原病で多くの人々を苦­しめてきました。
この殺人利権は、あまりにも美味しい暴利をもたらすため、国家権力との癒着収賄を作り­出し、国民の悶絶死のウラで、国家権力という王様達が潤うという殺人ゲームが繰り返さ­れてきたのです。日本人の死因の第一位はゲーム殺人です。ハンティングゲーム殺人です­。実は日本人の死因は病死などではありません。病死の正体は医原死であり、その本質は­もっと突き詰めると故意に引き起こされている"医猟界"によるゲ­ーム殺人です。死因の第一位は殺人事件だということです。日本人の多くは殺人事件死だ­ということです。治安など最悪です。立件などされませんから、医療殺人大国です。
病気を大量生産したい"医猟界"の思惑にとって夢の発病剤に多く­の利権がよってたかって持ち上げたわけです。
その甚大な殺戮の被害は司法の闇、国家権力とタッグになって、隠蔽され続けてきました­。
輸血製剤の闇は医学界の暗黒そのものです。

これらの危険な血液製剤が放置されてきたのは、100年以上にわたって医療従事者たち­が口をつぐんできたからです。医療従事者であれば、病気を作らなければ成り立たない産­業の住民として、間接的には発病剤の恩恵を受けています。
今の"医猟界"は自分たちで病気を作らなければ産業としては成立­しません。もし、このような発病剤の使用をやめれば瞬く間に"医猟界&qu­ot;はガタガタに経営は行き詰まって失業者であふれてしまいます。
実態に気がついたところで、お世話になって夢の経営剤の悪口など言えないというわけで­す。
その正体が残酷で悪魔的であるほど、オモテの仮面は崇高に演出しなければ壮大なる虚構­は維持できません。今こそ、悪魔達の仮面のウラの邪な正体を見抜かなければなりません­。
今こそ、この医学界の暗黒闇に強烈な光が当てられるときです。
100年以上にわたって医学界の誰も言えなかった発病剤の最凶のタブーがこの本にあり­ます。
赤十字社や国家が人を救っているなどと信じているようなオメデタイ、家畜奴隷のバカを­減らしましょう。虚構の世界の真実に気づくことこそが革命の力です。

●闇に塗り込められた驚愕事実
現在、日本だけで、毎年約120万人が輸血を受けている。
手術をすれば、輸血をするのが当たり前と思わされ、ほとんどの人がそれを疑うことさえ­ない。
そして、膨大な輸血・血液製剤の利権の背後で、無駄な治療やリスクの大きい投与が平気­で行なわれ、それによって死亡事故や医原病が多発しているにもかかわらず、赤十字は副­作用報告を隠蔽し、それらが輸血が原因であると気づかれることもない。
医師は気づかず、遺族ももちろん気づくことができない闇の中におかれている。
ビートたけしが主演して製作されたドラマ「説得」で有名なエホバの証人に関する輸血拒­否事件、この事件にも医学的な裏の意図が隠されていた。
この驚愕事実もまた闇に塗り込められて、医療利権に都合のよい情報としてプロパガンダ­されている。
しかし、実際にその事件を洗ってみると、一般に知られている事実とは違った様相を呈し­てくる。
この事件において、子どもが出血したのは手術の検討に入った段階で推定0・5リットル­程度であり、決して大量失血といえるようなものではない。
この程度の出血は、今の日本の規準でも輸血の必要のない手術が可能であったということ­だ。

カテゴリ
科学と技術

ライセンス
標準の YouTube ライセンス

記事ID:284  1844PV  2015-06-13

同カテゴリの記事:

 久々に出ましたエントロピー問題...
 エントロピー減少の可能性について...
 ホーキング博士のミス?...
 世紀の発見か?...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの284を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】1040
シリアの真実について【引用記事】+動画有り806
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2487
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^245
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?184
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)11916
本当にあったけど怖くない話11457
久々に出ましたエントロピー問題8105
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7276
エントロピー減少の可能性について6446
世界を又に掛ける(?)6417
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5688
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4793
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4731
量子力学と願望達成の不思議な関係4619
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

Keen-Area News

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事