この記事のカテゴリ:立早的バラエティー

超能力中年:エスパー立早

 雨降りの午後、会社へ向う途中の道(徒歩通勤)で、
ふとタバコのにおいと微かに香るウン○臭。

その瞬間、私の脳裏に鮮やかに広がる映像…。

その日はそこの家の主(あるじ)は休日で、遅く起床した。
そして目覚めのウン○をいま終えて、ダイニング・テーブルのいつもの席に座って、パジャマ姿(色はブルーでお決まりの縦縞)のまま一服を決め込んでいる。

目の前にはなぜかオレンジジュースとトースト・目玉焼き。もちろん本当に匂いがしたんじゃないと思う。
けど、今私が歩いている道のすぐ横の家の中の様子がありありと判るし、あまりに確信ある映像で見えるので、多分間違っていないのだと思う。

そういうことがたまにある。
立早は以前にも何度(1/19・27)か書いたように“神秘主義者”じゃないけれど、なぜかこういう“感”はかなりある。

ただし、好きなときに自由に使えないので全く無意味である。

傑作なのは、これは女性にとっては不愉快な話だろうけど、電車に乗ってシートに座っていると、ま~たくいやらしい事なんてぜんぜん考えていないのに、前に立ったきれいなおねいさんのパンツの色がわかるときがある。

「あっ。赤だ!」みたいな~これも本当に確信を持ってそうだから、多分あたってるはず。
なんか思考の波長が合った人だと、物凄くいろいろ解るし、合わない人だと全然駄目。

最近はやっていないけど、うちの奥さんが私の頭の後ろで「グー・チョキ・パー」を出して、ほとんど百発百中で当てたことがあるよ。
これにはちゃんと証人もいる。

それから、人ではないけれど「サザエさん」に十週連続で勝ったことがある。
これも直前に確信を持って見えたときは必ず勝つ。
ただこれも、勝ちを意識すると全く勝てない。

まあ普通はそれで凄い凄いと喜ぶんだろうけど、そんなことができても、
好きなときに自由に使えないから、私にとっては全く無意味なものなんだ。

本当に凄い超能力なら、自己の欲望のために使えなければ意味がないことなんだよ。
実際、超能力で競馬・競輪何でも来い!みたいな人間も実在するだろ?
だから超能力中年は今日も通常能力で仕事に励む。

記事ID:77  1786PV  2005-08-25

同カテゴリの記事:

 算数嫌いでも一瞬で2桁の暗算をする方法(目からうろこ)...
 【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウ...
 ブログを新しくしました...
 宇宙空間での話はロマンチックじゃなかった...
 2モードミッション立早:レーシングカー?...
 めだかの学校...
 嫌いなものほど良く覚えるのはなぜ?...
 暑さをわすれろ「ウイスキーの日本酒割り」...
 立早的テレビの見方...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの77を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】1489
シリアの真実について【引用記事】+動画有り53
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】3084
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^181
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?333
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)12283
本当にあったけど怖くない話11881
久々に出ましたエントロピー問題8380
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7610
世界を又に掛ける(?)6763
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?5164
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件5137
ジム・キャリー(映画マスク)も言っている「願望は実現するんだ」4564
星に願いを掛けたらかなった。3772
ビジョンが全て3615
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事