この記事のカテゴリ:立早的エセ経済学

お金の話:世界の見方でもあり、初歩経済でもある?

 いやあー忙しいね!8月は忙しいのよプールの監視員のバイトで!死ぬほど暑いけど、水着のおねいさんを眺め放題だよ♪

なんて書いたらみんな信じちゃうんだろうなあ。

とんでもないのよこれが。8月は本当に忙しくて夏休みなんてとったことないし、海なんてもう忘れちゃうぐらい行ってない…別に行きたくもないんだけどね。

いやいや泳げないからじゃないよ。もうそんなことでは嬉しくならないの(年齢的に)別に周りに水着のおねいさんが大挙していても、付き合えるわけじゃあないしね。(でももてたい人)

さて、先週は「立早的世界の見方」で「アメリカが戦争を好む本当の理由は、機軸通貨ドルを守るため」ということで終ったね。じゃあなんで基軸通貨でなければいけないか?について。

これはもう簡単。アメリカにはお金がない。これで終わり。あまりにも単純すぎて解らないだろうから、ちょこっと詳しく。

このシリーズでずっと言ってたように、アメリカは万年赤字だね。でも国民は皆ゼイタクだ。貯金なんかしなくてもいいから、贅沢がしたい。だからお金は使う一方で、どんどん輸入する。

輸入すれば代金を払わなければいけないけど、国全体として赤字なんだから払うお金がない。とすればどこかからお金を持ってこなけりゃいけない。

で、どうやってお金を都合してたかは、前のほうの「立早的のひとりごと」を読んでもらえば解ると思う。ところが本当はアメリカは、それだけじゃ全然足らないんだよ。

議会の承認がいらない「秘密プロジェクト」みたいなものをたくさん抱えてるだろ。「エリア51」なんてのは超有名だけど、それ以外に“アポロ計画の技術と金”で秘密兵器を研究してたり、“強いアメリカ”のレーガン時代の「スターウォーズ計画」とか、秘密予算はいくらでも使っている。

このお金をどうやって払っているか?印刷して払ってるんだよ。何しろ議会承認を必要としない秘密予算だから、青天井に使える。でも現金はない。じゃあ印刷しちゃえってこと。

ところがお金というのは、印刷しただけでは価値がないんだよ。国民の経済活動の結果としての“税収”があがってくる事によって、“そのお金に実績がある”という前提で価値が認められるんだ。

つまりお金の価値というのは“みんなが価値があると信じること”の上でしか保証されていない。昔のように兌換券として、“いつでもその価値分の金(きん)と交換できる券”だったら価値があったんだけれど、現在の経済活動の規模は、地球上に存在する金の総量ではまったく足らなくなってるからなんだ。

だから今のお金は兌換券じゃないんだね。よく一般の人が「予算が足らないならお金を印刷すればいいじゃないか」というけれど、そんなことどう考えたって駄目なんだよ。

仮に日本のお金が“価値を無視でどんどん印刷しているお金”だとしよう。世界のどこも受け取らないよね。だから貿易の決済ができない。じゃあドルを買えばいいって、ただの印刷したお金とドルは交換してもらえないよね。

でも、そこで「1ドルと105円は駄目でも1,050円ならどうですか?」と言ったら交換してくれるだろ?とりあえず日本国内では使えるお金なんだから、10倍くらいの金額となら交換してもいいと思う奴もいるんだよ。

その10倍のレートでもらった“ただの印刷した紙”で日本の商品を買って、どこかよそで売ればもうかるからね。ところがその時点では日本にもろくに“物”がなくなってきている。

だって日本の“円”で買える“物”がなくなってくるんだから。そうしたら、もっと高いレートでないと誰もお金を交換してくれなくなる。これをくり返してハイパーインフレに突入する…これが通貨暴落だよ。

学校のとき習っただろ?「景気が悪いのに物凄くインフレになる」というやつ。ハイパーインフレより凄い「スタグフレーション」になってしまう。お金の価値がなくなるんだと考えれば解り易いんだ。

だから“どんどん印刷したお金”は使えないんだよ。ところがアメリカは実際にそれをやっている。つまり秘密予算だから「どのくらい適当に印刷してるか」誰にも解らないから、勝手に印刷しちゃってるんだよ。

もちろん世界も馬×鹿じゃないから、そのくらいはうすうす感ずいている。でも「基軸通貨」である限り、絶対にみんな受け取る。たとえ価値がないかもしれないお金だったとしても、「決済に使えれば、たとえ国家製造の偽札でもいい」というわけ。

だからアメリカは今までは安心だった。ところが今は「ユーロ」がある。これが意外にも人気で、貿易決済通貨をユーロに切り替えようと考える国がけっこう出てきた。こうなるとアメリカは内心穏やかじゃないのよ。

一国認めると、どんどん切り替えが促進して行って、最後にはドルが世界の基軸通貨じゃなくなる日が来るかもしれない。そうしたら、タダでさえ赤字でどうしようもないアメリカは終ってしまう。

だからこそアメリカは“弱そうな相手”でしかも決済通貨を「ユーロ」に切り替えようとする国へ宣戦布告する。イラクは確実にそうだったし、これからもそうだろう。

戦争で敵の政府を転覆し、傀儡国家を樹立させ、ドルを使用させる。これが戦争好きアメリカの本当の戦略だよ。

じゃあ、前に書いた(7/12日)「日中戦争」はどうなのか。おんなじ。別に“弱そうな相手”ではないけれど、それだけに「中国」を親米傀儡国家に変更できれば、アメリカにとってこんなに“おいしい”ことはないんだよ。なにしろ人数が多いからね。それら全員が「ドル」を使うようになったら、アメリカは万歳なんだろうなあ。

記事ID:76  1825PV  2005-08-22

同カテゴリの記事:

 中国の金融崩壊がすでに始まっている...
 現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしてい...
 「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?...
 お金の価値がなくなる日─ドルはいつまでもつのか?...
 お金=価値という名の大いなる幻想...
 銀行の金庫には何入ってる?...
 そりゃあ あんた、うれないよ~...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの76を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】673
シリアの真実について【引用記事】+動画有り745
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2429
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^193
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?80
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)11813
本当にあったけど怖くない話11402
久々に出ましたエントロピー問題8069
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7236
世界を又に掛ける(?)6391
エントロピー減少の可能性について6344
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5638
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4727
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4644
量子力学と願望達成の不思議な関係4279
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事