この記事のカテゴリ:立早的エセ経済学

お金=価値という名の大いなる幻想

 前回の「銀行の金庫に入っているのは空気だけ」に続いてなかなか刺激的なテーマである、「お金の価値はない」ということを書いてみたい。

現在(07/08時点)ジンバブエ(アフリカ)の経済は破綻状態にある。
破綻しているとはつまり景気が極限状態に悪いということ。にも関わらず、物価が上昇している “ハイパーインフレ”の状態になっている。

そもそも景気が悪いのにデフレにならずにインフレとはいったいなぜ起るのだろう?

通常、教科書ではインフレとは「景気が良いと人々が物を欲しがる。すると需要と供給の関係で物価が上がる」と説明されている。

資本主義経済の世界では企業の存在意義とは利益の追求にある。だから景気が良く商品が良く売れれば「もう少し値上げしても売れるのではないか?」という動機によって値段が上昇する。

そして景気が良いので、その商品が少しぐらい値が上がっても“欲しい”という人が圧倒的多数なので売れる。「売れているからもう少し価格を上げて見よう」と値段が上がり、上がってもまた買う人がいるという値上げの循環が起る。

これが通常のインフレで正常な経済成長の状態だ。ご想像の通り、経済成長とは“緩やかなインフレ”状態のことなのである。

ところがハイパーインフレは景気が非常に悪い国で起る。なぜだろう?

これは貨幣価値の崩壊にその原因があるからだ。

お金というものは実は価値は全くない。印刷しただけのただの紙切れである。それにも関わらず“通貨”としての使命をきちんと果たしているのはどうしてか?

それは人々の思い込みに他ならないのだ。「1万円札には1万円の商品を買うだけの実力がある」と人々が信じているから通貨として使えるというだけの事なだ。

その昔は通貨(紙幣)は「兌換券」と呼ばれ、その紙幣と引き換えに同額の金(きん)との引き換えが保障されていた。

この通貨(紙幣)は実際の価値が額面と一致している本当の通貨であり、これが金本位制とよばれるもので現在はどこの政府も金本位制はとっていない。お金(おかね)とは実は金(きん)のことであり、決して通貨のことではないのだ。

ではなぜ金本位制を各国がやめてしまったのかの理由は、世界の経済規模が地球上の全ての金を合わせても“全く足りない”状態になってしまったことの他ならない。

ちなみに全世界の経済規模は年間3,534兆円ほど(2003年の世界国民総所得31兆$×114円で算出)であり、全世界の金総量は15万トン金額にして420,000,000,000,000円(420兆円)しかない。(1g2,800円として)

そのような状況で人々が“価値がある”と信じていた貨幣の価値が信用されなくなると、「お金をいくら積んでも物が買えなくなる」という状況になりハイパーインフレになるのだ。

現在、経済活動は国内だけで完結することは不可能であり、自国で調達できないものは海外から購入する必要がある。

海外から購入するのは、外国の人に「その貨幣で額面通りの物が買える」と信用してもらわなければならないのだ。

話が戻って人々が価値があると信じるとはどういうことかといえば、その国の国家に入って来る税金が、“人々の経済活動の結果として課税されて得た税金である。” ということである。

その貨幣には実績がある。実績があるから価値があるのだ。という前提で成り立っている。だからこそその国家が発行した紙幣は価値があると世界が認めてくれるというわけだ。

それが景気が極端に悪い国では、お金は印刷したただの紙に戻ってしまうのだ。なぜそうなってしまうのかは、景気が極端に悪い国特有の行動にあり、「税収がないとお金を使えない。お金を使えないと景気が良くならない。」
という発想に基づき“お金をいくらでも印刷してしまう”ということにある。これを輪転機経済と呼ぶ。

国内だけで完結している経済であれば、お金がいくらでもあるイコール好景気にもなるかもしれないが、前述通り国内完結型経済は今やどこにもない。物は外国から買わなければいけない。

それが価値の裏づけなしにどんどん印刷された紙だったら、誰も受け取ってくれない。ここでまた問題なのだが、誰も受け取らないのであれば、そのお金で物が買えないのだからお金は流通しない。流通しなければハイパーインフレにはならないのだ。

ところがここで「今までの10倍のお金を払えば受け取ってもらえるでしょうか?」という人が出れば、そのお金を受け取る国が必ずある。

そうすると10倍レートが通常となってしまい、またまた「今までの10倍のお金を払えば受け取ってもらえるでしょうか?」ということになってしまうのだ。

こうなると国内の物価もどんどん上がってしまう。だって今までの10倍の値段で仕入れた商品なのだから、損をして売ることはできない。

当然仕入れに見合った金額で販売する。高くなったら売れなくなるのが通常の教科書の説明だが、実際はそうはならない。

なぜなら、もうその時点では今までどおりの金額では外国から商品を購入できないので、国内では圧倒的に物が不足している。

物がなければ「幾ら払ってでもそれが欲しい」という人がたくさん出てくる。たくさんの人が欲しがるのだから、いくらでも高くなってしまう。

これの繰り返しがハイパーインフレの正体だ。

さて、このような状態になったらもうどうすることもできない。ただひたすら時が過ぎるのを待つしかない。

デノミなどを行う国家もあるが、実はあまり関係ないのだ。時がいつしか解決してくれるのである。

日本がこのような事にならないように筆者はひたすら祈っているのでありました。

ところで、このような悪夢を経験しないで済ますには、金を買うしかない。

金を購入するにはT中貴金属あるいは三Bマテリアルで現物購入をお勧めする。間違っても金購入のペーパー商法などを利用してはいけない。

金は一般人でもいくらでも購入できる。なぜわざわざ購入代理店で購入する必要があるのか?金の購入代理業(ペーパー商法)を利用する人の気が知れない。

記事ID:83  1796PV  2008-01-30

同カテゴリの記事:

 中国の金融崩壊がすでに始まっている...
 現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしてい...
 「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?...
 お金の価値がなくなる日─ドルはいつまでもつのか?...
 銀行の金庫には何入ってる?...
 お金の話:世界の見方でもあり、初歩経済でもある?...
 そりゃあ あんた、うれないよ~...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの83を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】1489
シリアの真実について【引用記事】+動画有り53
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】3084
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^181
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?333
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)12282
本当にあったけど怖くない話11881
久々に出ましたエントロピー問題8380
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7609
世界を又に掛ける(?)6763
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?5163
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件5137
ジム・キャリー(映画マスク)も言っている「願望は実現するんだ」4563
星に願いを掛けたらかなった。3771
ビジョンが全て3615
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事