この記事のカテゴリ:George Whomの記事

この金急騰はどこまで続く?(2003年03月号で発表)

 本誌'02年12月号より金は今後も底固いと3号続けて報じてきたが、
今はそれどころではなく急騰している状況だ。

昨年12月20日に5年8カ月ぶりに1トロイオンス350ドルを超えたが、
その後も金は上昇を続けている。

あまりに早い上げピッチで目先調整の公算はあるにせよ、
イラク攻撃が始まるまでは基本的に上昇基調であるようだ。

ニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は国連査察委員会が
バグダット市内において化学弾頭11個を発見したと発表した(1/17)ことを受けて
米・イラク戦争懸念※1
が一気に高まり急伸。
現物相場も同比6.75ドル高の357.60ドルを記録した。

※1.厳密に言うと本書では「戦争があるかないか」の次元で考えてはいない。
1月号既報の通り、アメリカの攻撃はすでに決定しているのである。

'02/12/8攻撃開始の情報は見事に外れたかのように見えるだろうが、攻撃そのものがなくなったのではない。
攻撃する気もなくアメリカの戦力25万を中東に配備するわけがないだろう。

それだけでいったいいくらの予算がかかると思うのか。
戦争をしなければ、すでに使ってしまった戦費をどこも負担してくれないのだから。

しかし気になるのは実際攻撃開始した後の金価格である。
戦時の金であり、暴落することはもちろんないだろうが、一時的調整はありそうである。

記事ID:17  1078PV  2003-03-01

同カテゴリの記事:

 中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01...
 3年目の911に思う(2004年11月号で発表)...
 発泡酒増税で税収大幅ダウン(2003年09月号で発表)...
 金価格続報(2003年04月号で発表)...
 特集:リスクヘッジ!デフレの進行に備える(2003年02月号で発...
 今号発行時には米・イ戦争は始まっているのだろうか?(2003年0...
 恐怖の電子管理国家第一歩がスタート(2002年10月号で発表)...
 7月号為替予測がズバリ的中(2002年09月号で発表)...
 「George Whom」シリーズ(2002年06月の記事)...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの17を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】1683
シリアの真実について【引用記事】+動画有り947
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2638
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^459
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?320
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)12006
本当にあったけど怖くない話11578
久々に出ましたエントロピー問題8178
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7364
エントロピー減少の可能性について6555
世界を又に掛ける(?)6537
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5805
量子力学と願望達成の不思議な関係5547
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4917
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4882
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事