この記事のカテゴリ:George Whomの記事

中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)

 11月19日中国の李肇星外相は
先の原子力潜水艦による領海侵犯事件について、
遺憾の意を表明するとともに再発防止に努めることを約束した。

これに対し日本側では
「中国が自ら過ちを認めたことにより、謝罪したことになる。」
と解釈したとしているが、

とんでもない!
中国の領海侵犯はわざとやったに決まっているのだ。

いくら中国の潜水艦はローテク(軍事評論家の意見)といったところで、
れっきとした軍用艦である。

“まちがって”領海侵犯など絶対にありえない。

「戦争のための調査」である。
キーワードは中国バブル崩壊、2008年頃、台湾問題、
アメリカ陸・海・空・指令本部日本移転計画(三沢へ移転をすでに表明)である。

現在とんでもない戦争計画が進行中だ。

なぜアメリカの司令部が日本に来るのか?
答えは2010年以降に。

【筆者2014年1月初頭に追記】
この時点で誰も信じていなかった「日中戦争」を既にこの当時から私は予想していた。
ただし、情勢は流動的に変わっていくので今後の展開を読めと言われてもできないし、
このところ多忙で世界情勢のようなものは全く調べることが出来ていない。
それでも当時は時間に余裕があり、比較的正しく世界情勢を分析できていたと自負している。

記事ID:39  11292PV  2005-02-01

同カテゴリの記事:

 3年目の911に思う(2004年11月号で発表)...
 発泡酒増税で税収大幅ダウン(2003年09月号で発表)...
 金価格続報(2003年04月号で発表)...
 この金急騰はどこまで続く?(2003年03月号で発表)...
 特集:リスクヘッジ!デフレの進行に備える(2003年02月号で発...
 今号発行時には米・イ戦争は始まっているのだろうか?(2003年0...
 恐怖の電子管理国家第一歩がスタート(2002年10月号で発表)...
 7月号為替予測がズバリ的中(2002年09月号で発表)...
 「George Whom」シリーズ(2002年06月の記事)...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの39を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】1758
シリアの真実について【引用記事】+動画有り1788
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】1892
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^2385
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?94
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)11293
本当にあったけど怖くない話10827
久々に出ましたエントロピー問題7794
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件6855
お金の価値がなくなる日─ドルはいつまでもつのか?6188
世界を又に掛ける(?)5931
エントロピー減少の可能性について5760
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5044
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4299
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4083
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事