この記事のカテゴリ:立早的スピなのか?

タッチ:願望をタッチしてしまった話

 いま「あだち 充」の「タッチ」を再放送している。立早は普段、マンガ・アニメの類はまったく見ないけれど、このタッチは名作だと思っているんだ。とにかくワンパターンな内容になりがちな「学園もの」の中にあっては、思春期の少年・少女の“甘酸っぱさ”や“はがゆさ”“爽やかさ”を大変良く表現していると思うし、ギャグのセンスもなかなかいいと思っている。

いわゆるドタバタの爆笑ネタではない、セリフを良く聞いてみると「フフッ。」となってしまう、小技的なセンスがいいのだ。双子の達也と和也。実は才能抜群なのに、弟を引き立てるためにあえて間抜けを演じ“三味線を弾いている”兄達也。

周囲からは和也とカップルと思われているが、実は達也が好きな朝倉南。そして不意の事故でなくなってしまう弟和也の分まで、たくましく生きていこうとする兄の達也…

まあ、あらすじなんてここにわざわざ書かなくても(しっかり全部書いてるけど)、大多数の人が知ってるんじゃないかな?そんな内容が実に巧みに描かれているとおもう。

そこまでドラマチックな内容じゃ全然ないんだけれど、立早が知人の願望を“タッチ”してしまった話。

まだバブルだった頃だから、いつものように昔の話だ。立早の知人に「写植屋」という業種の社長がいた。「写植」というのは、印刷用のきれいな文字を、印画紙に焼く仕事だ。昔の活字を一文字づつひろう作業を、写真に置き換えたものだから、“写真植字”で写植だ。

現在は文字も写真もデザインのベース(つまり版下)も全てデータで済んでしまうから、絶滅したも同然(実はまだ生き残ってるところもある)の職業なんだけど…

当時その社長は口癖の様に言ってたんだ。「みんな本当に馬×鹿だよな。わざわざ家賃の高い東京に事務所を構えて、家賃払うために必死に働いてるんだから。俺だったら、河口湖あたりに事務所構えて毎日釣りでもして時間をつぶして、仕事のあったときだけ写植を打つよ。

だって地方なら物価が安いから、そのくらい暇でも食えちゃうんだよ。」ってね。ところがこの考えはまったくの穴だらけで、絶対に実現不可能なんだよ。まず、写植というのは納品形態が「物質」であるということ。データ納品でなく“物納”なんだから、必ず届ける人間が必要だ。

しかも仕事の発注先はほとんど東京にある。受注自体はFAX(当時はまだメールは普及してなかった)ですればいいとして、出来上がった写植を誰が届けるのか?そう単純に疑問をぶつけたら、「なに東京営業所を作って営業を一人だけ雇えばいいんだよ」とのお答え。

ちょっとまて。家賃がもったいないから地方に本社を構えて、営業所を東京に置くのか?じゃあやっぱり家賃もったいないじゃないか!写植というのは“作家性”のない職業だ。当然「名人芸」級から「ドへた」までいろんなオペレーターがいるが、結局誰が打ったって“同じ書体”でしかない。

だったらわざわざ、地方に回送して作業して、またまた東京に回送して納品するような会社には、仕事なんて出さないよ。第一、よほどの信頼の置ける人間でもない限り、支社に営業一人だけだったら、やりたい放題だぜ。

勝手に営業してどんどん仕事を取ってきて、実作業は本社へまわす。本社では来た仕事をやるだけだから、発注者全員を把握していない。でもって勝手に請求書発行して集金しちゃえば、“会社の金抜き放題”じゃないか!そんなこと実現できる訳がない。

しかもその知人の社長はこんなことも言っていた。「写植なんてサービス業なんだから、土・日も営業したら仕事とり放題だし、発注先だって喜ぶぜ。」ってね。でも、仕事が暇で楽にやっても食べられるから、地方に事務所を構えるのに、土・日まで働いたら本末転倒じゃないのか?

これに対する彼の答えは「やはり東京営業所を維持するためには、そのくらいは覚悟しないと。」ってなんなんだ?だったら最初から東京の本社で普通に仕事して、土・日は休んだほうが普通に効率がいいとおもうのだけれど。

まあそんなことがあって、「みんなは馬×鹿だ」といっていた社長はご想像通り見事に潰れた。今頃はタクシーの運転手をしていると思う。生前(違う!)から「万一会社が潰れたら、タクシーの運転手で充分食える。なぜならタクシーの運転手をやったことがあるから。」と言っていたからね。

まあそんあことでその社長とはそれっきりなんだけど…。事実は小説より奇なりというけれど、実はその社長の願望を、いつの間にか立早が“タッチ”しちゃったんだ。

その当時は「それも悪くはないだろうね。でも実現は無理なんじゃない?」と漠然と考えてたんだけど、何にも努力した覚えはないんだけれど、いつの間にか立早が「地方で家賃が安いから、ブラブラしてても食える」という状況になっちゃったんだ。

まあ「立早的バラエティー」のところでも、何度か書いたような状況になってるんだ。なぜ知人の社長は無理だったのに、立早はできたのか?答えは簡単だよ。デザインの仕事は全てデータで納品できるから、「写植屋」のように東京営業所は要らないってこと。

それと、デザインは誰がやっても同じじゃないってこと。つまり「立早がいい」って客は、立早にしか仕事出さないんだから、東京にいても地方にいても、東京の仕事がどんどん来るってこと。でも、これも前に書いたことだけど、評判が良ければ仕事は増えるんで、いくらブラブラしてても食えるとは言っても、勝手にどんどん忙しくなっちゃうんだなこれが。

記事ID:71  1617PV  2005-08-11

同カテゴリの記事:

 ジム・キャリー(映画マスク)も言っている「願望は実現するんだ」...
 ビジョンが全て...
 量子力学と願望達成の不思議な関係...
 本当にあったけど怖くない話...
 不思議体験:立早(父)...
 星に願いを掛けたらかなった。...
 星に願いを(断じて同名の韓ドラではない!)...
 不思議な数字体験「シンクロニティー」...
 小霊界通信2(「月刊Cマガジン」2002年09月号に掲載)...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
291ページの71を表示中
これが下超汚染塵男の平均顔だ!おそらく80%は該当するであろう【画像引用】673
シリアの真実について【引用記事】+動画有り745
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】2429
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^193
祝!在ニチ超汚染塵終了確定!!本国工作員の証言!?80
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)11813
本当にあったけど怖くない話11402
久々に出ましたエントロピー問題8069
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件7236
世界を又に掛ける(?)6391
エントロピー減少の可能性について6344
電通と余命さんの戦争が始まっているらしい②─おい!長田達治!!【引用記事】5638
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件4727
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?4644
量子力学と願望達成の不思議な関係4279
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(24)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事