この記事のカテゴリ:立早のひとりごと

くじらバーガー:英国の動物保護団体が非難だってさ

 何にいってんの?

てのが正直な感想だね。

調査捕鯨は、鯨肉が結果的に食材として消費されており、その内実は商業捕鯨にすぎない」(毎日新聞 2005年6月25日)

と彼らは主張してるけど、じゃあ殺してそのまま捨てちゃうのがいいわけ?

冗談でしょ。命あるものを殺しちゃったんだぜ。食べたほうがよほど命の尊厳にかなってないか?

趣味で殺すほうが良いわけか?やはり欧米の方々は言うことが違うね。

だいたいさ、動物保護団体の実態ってみんな知ってるか?あれは商売だぜ。

適当に攻撃の相手を見つけては、派手なパフォーマンスをして賛同者から金を集める。

そう、活動資金の寄付というやつさ。

実際そのての世界的に有名な団体を調べてみなって。幹部なんか物凄い豪邸に住んでるぜ。

本当に“良いこと”をしたいと思ってるのは下部の会員だけで、上層部は金儲けだよ。

「正義の美名に名を借りたビジネス」ほどたちの悪いものは無いね。
どこかの新興宗教と何ら変わらない。

それにさ。欧米人に「鯨は食べたらかわいそうというけど、何で牛は食べても良いのか?」

と聞いたら「牛は人に食べられるために生まれてきたのだから、食べるのがよい。鯨は知能が高いから食べたらかわいそうなんだ。」なんてトンチンカンな事答えるよな。

何で牛は人に奉仕するために生まれたんだよ。誰が決めた?思い上がってるんじゃねえよ!

私だって「どんどん鯨を食べろ」とはいう気は毛頭ないけど、知能が高いものは殺しちゃイカン。知能が低いものは、人間に奉仕するために生まれてきた。

という概念そのものが、腹が立つのだ。

動物愛護団体って一体何様?

記事ID:41  1469PV  2005-06-25

同カテゴリの記事:

 シリアの真実について【引用記事】+動画有り...
 これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語ってい...
 こんな奴でも金さえ持ってれば「偉い」と言われる世の中!━━だから...
 この国に存在する低知能で恥知らずな人々とは誰のことか?━━君が代...
 あの平和主義のねずさんでさえも特亜とは国交断絶がよいと言っている...
 既に南超戦は終わっている!!南超戦関連記事2題【引用記事】...
 朝日ゴミンダン新聞の在日記者とかいう物体...
 ロッテ不買運動開始宣言!!...
 韓国外交部「日本特任課」新設…歴史挑発先制対応ってなんだよ!宣戦...
 昨年最も嬉しかったこと...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
289ページの41を表示中
シリアの真実について【引用記事】+動画有り117
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】642
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^1166
祝!余命三年時事日記復活!!─【so-net半日企業確定?圧力に屈服させられただ704
在ニチ超汚染塵駆逐まであと10日!!いまだに在ニチネットワークは永遠不滅などと言1127
中国原子力潜水艦領海侵犯。過失?当然故意である。(2005年01月号で発表)12973
本当にあったけど怖くない話12493
久々に出ましたエントロピー問題8801
【絶対ためになる】ウイルス対策アプリが殆どウイルスと変わらなくウザイ件8102
「ブラック企業」がどんどん増えていくのはなぜか?5766
現在「優秀」と呼ばれている経営者はほぼ「ブラック」な経営をしている件5605
星に願いを掛けたらかなった。4353
ビジョンが全て4281
米中開戦へ一直線=有事即特アゲリラ確定殲滅対象!!─余命三年時事日記【引用記事】3953
戦うADブラック:クライアントなるもの3550
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(22)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事