この記事のカテゴリ:C誌のコラム(過去記事)

過疎よりの逆襲(「月刊Cマガジン」2002年07月号に掲載)

 田舎である。

突然だがCマガジンの編集室(SESSION-2)というのはかなりの田舎にある。どのくらい田舎かといえば、朝出勤するときに家から会社まで人に出会わないことがある。私の家から会社までは徒歩10分であるが、その間人に遭わないのだ。犬やネコには遭う。「お~いいこちゃんでチュね~。今朝もお元気チュか?」などと道端で遭う犬猫は全てなでてくる。

人になど絶対に遭わないからそうしているのだが、時たまその姿を人に見られることがあると恥ずかしいものである。こんな毎日を過ごしている私であるが、おかげさんで仕事は忙しいのだ。NETの進歩はなかなかに良いもので、数年前までの「早い回線でもISDN程度。」だった時にはまったく考えられない位に便利になった。かなり以前から小説家の先生などは、メールで添付するから田舎に住んでいても東京の出版社の仕事をできていたりしたが、我々デザイナーのように1ファイルで100MB超なんて仕事があたりまえであると、メールに添付で入稿なんて絶対無理な状態だったのだ。

もちろん以前からFTPなら容量無制限で送信できたが、回線が悪く途中で落ちる・フリーズる・壊れるといいことなしだったのだ。しかし今ではこの田舎にいて東京の仕事がいくらでもできる。いやいや地方にいて地方の仕事はいくらでもできる。地方にいて東京の仕事をたくさんこなすことが自己満足なのだ。

広告デザインの仕事が入稿・出校(納品)ともFTPでできる会社は、日本に星の数ほどある広告代理店・デザインプロダクションの中でもまだまだ少数派である。自慢してるのか?その通りだ。かく言う私も、わずか1年ほど前までは東京も東京、中央区のそれもD通ビルのすぐ隣に事務所を構えていた。-家賃が高くて地方へ引っ越したので、あまり威張れた話ではないが-その時とほとんど変わらない環境で(いやむしろ環境はずっと良くなっている。)仕事をバリバリこなす私ってなんてステキなんだ。なんて思う今日この頃のナルシストであった。

記事ID:3  362PV  2002-07-01

同カテゴリの記事:

 NET超独遊(NETであそぼ)(「月刊Cマガジン」2004年11...
 (笑えセールスマン)「すきまみつを」が…(「月刊Cマガジン」20...
 勝ち負け以上に気なります(「月刊Cマガジン」2004年09月号に...
 「肩コリはいねがー」はどこの方言?(「月刊Cマガジン」2004年...
 犯罪者に手厚い国?(「月刊Cマガジン」2004年05月号に掲載)...
 策士策に溺れる?溺れるものは…(「月刊Cオマガジン」2004年0...
 飲むなら乗るな それが常識。(「月刊Cマガジン」2004年03月...
 イキかヤボか。(「月刊Cマガジン」2004年02月号に掲載)...
 女心と冬の空 新春ともいう。(「月刊Cマガジン」2004年01月...
 ウサギもカメ「と」ではなく。(「月刊Cマガジン」2003年12月...

コメント:

まだコメントはありません
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
289ページの3を表示中
シリアの真実について【引用記事】+動画有り2245
超汚染塵殲滅準備完了宣言来年(2016)本格活動開始【余命三年時事日記】322
これは秀逸!!フランスの国営放送がチュソ・チョソの陰謀を語っているゾ(嘘です^^14
祝!余命三年時事日記復活!!─【so-net半日企業確定?圧力に屈服させられただ41
在ニチ超汚染塵駆逐まであと10日!!いまだに在ニチネットワークは永遠不滅などと言705
めだかの学校5354
戦うADブラック:クライアントなるもの5245
在日+反日大連合の粛清来るか?「日本再生大作戦①」【引用記事】4803
金価格続報(2003年04月号で発表)4801
これはあっぱれ!テロ関連法案(国際テロリスト指名)で簡単に在ニチ姦酷塵を取り締ま4305
昨年最も嬉しかったこと4256
リーサルウェポンN嬢再登場3810
朝日新聞というのは、韓国の対日工作機関であり日本の「マスコミ(笑)」ではない!3776
朝日ゴミンダン新聞の在日記者とかいう物体3603
宇宙空間での話はロマンチックじゃなかった3038
立早的バラエティー
立早のひとりごと
立早的エセ科学
立早的エセ経済学
立早のマスゴミ見聞
立早的スピなのか?
戦うADシリーズ
George Whomの記事
C誌のコラム(過去記事)
余命3年時事日記(引用)

日替わり・いろんな夢占い
情報が見つかりません

立早的バラエティー(18)
立早のひとりごと(22)
立早的エセ科学(5)
立早的エセ経済学(8)
立早のマスゴミ見聞(5)
立早的スピなのか?(11)
戦うADシリーズ(5)
George Whomの記事(10)
C誌のコラム(過去記事)(26)
余命3年時事日記(引用)(179)
2015年の記事 2014年の記事 2013年の記事 2012年の記事
2011年の記事 2010年の記事 2009年の記事 2008年の記事
2007年の記事 2006年の記事 2005年の記事 2004年の記事
2003年の記事 2002年の記事